鍵を落としてしまった・・・二度とこんな思いをしたくないなら


私が家に入ることを試みたとき、「キーがありません!」という経験をした人がたくさんいます。

キーの問題は本当に痛い。

そのような状況ではどうなるでしょうか?

このコラムでは、私が自分の鍵を失ったときのやり方と私の家の鍵を開く方法を教えてくれるでしょう。

是非試してみてください。

それは解決することが重要です

あなたが家の鍵がないことに気がついたら、あなたは辛抱強くなります。

静かに見て始めましょう。

家のロックを解除する最善の方法は、キーを見つけることです。

一度あなたの行動を振り返りましょう。

キーが見つかる場所を紹介しますので、参考にしてみてください。

・ポケット、バッグ

それはズボンのポケットやバッグに隠されていませんか?

ただ確認してみましょう。

・車

それを車の座席の下に落としましたか?

運転席の底面は暗く見えにくいので、運転手が落ちる前に気付くのは難しいです。

夕方、車のライトをオンにして、それを頻繁に探しましょう。

・ショップ

途中で止まったレストランなどで忘れてしまったことはありませんか?

あなたが何かを見つける場合は、店舗の連絡先情報を確認し、私たちに知らせてください。

これらの場所が見つからない場合は、失われている可能性があります。

次に、それが失われたときの対処方法を見てみましょう。

戸建ての家を扱う方法

キーを紛失すればどうなるでしょうか?

スペアキーがある場合は、その間は大丈夫かもしれませんが、外出時にキーを紛失した場合は、家に入ることはできません。

あなたの家族と一緒に暮らしているなら、私たちに知らせて、鍵を開くことができるかどうかを知らせてください。

あなたが連絡を取らない場合は、あなたが戻ってくるまで待つことが一つの方法です。

家族が一緒に住んでいない場合や、帰る時間がかかる場合は、ロッカーに依頼して家の鍵を開く方法もあります。

真夜中に鍵がないことを認識することは安全です。なぜなら、即座に到着するラッカーが365日あるためです。

複数住宅の場合の対応

一人で暮らしている場合は、まずマネージャーに連絡してください。

あなたが予備の鍵を持っているなら、マネージャーは連絡を取り、それを開くことができます。

このような状況に備えて、マネージャーの連絡先情報を携帯電話に登録すれば、緊急時でも安心です。

最近、マネージャーがキーを持っていないケースが多いようです。

また、夜遅くにマネージャに連絡することができない場合があります。

暗い夜に部屋に入ると、困っているはずです。

できるだけ早く部屋に入る場合は、24時間オープンしている主要ディーラーに連絡してスムーズに対応することができます。

あなたの鍵を失う危険性は何ですか?

鍵を失った場合は、新しい鍵と交換することをお勧めします。

犯罪防止では、鍵穴自体を変更しないと、誰かが拾われて虐待を受ける可能性があります。

鳥の巣に入るなどの被害を受ける危険があるので、鍵の交換をお勧めします。

しかし、あなたが多世帯の居住地に住んでいる場合は、あなたの鍵を紛失したことを管理者に伝えてください。

キーを交換するときは、マネージャに通知しない限り、契約違反になる可能性があります。

キーを変更しても、キーにキー番号があるので、キーを変更したという事実は、離れるときに分かります。

あなたは元の状態を復元する義務に違反するので、あなたは鍵を請求することができますので、注意してください。

家を解錠するにはさまざまな方法がありますが、このような複数の家族の住居に住む場合は、入居時に契約内容に従うことが重要です。

スマートロックによる重要なトラブルを防ぎましょう

スマートロックを知っていますか?

スマートロックは、スマートフォンで操作できるキーです。

あなたがスマートフォンを持っている限り外出するときにキーを忘れることは安全です。

Smart Lockを使用する場合は、スマートフォン用のキーをドアに取り付けます。

ドアには粘着テープで貼り付けるタイプが多いので、賃貸物件でも使用できます。

また、ドアがスマートフォンから適切にロックされているかどうかを確認することもできます。

それはあなたがそれをロックすることを忘れて、それを確認することができない家に戻ってくることができないので非常に便利です。

スマートフォンを使用している場合は、スマートフォンをロック解除する方法の1つとしてスマートフォンを覚えておくことをおすすめします。

しかし、スマートフォンの電池が消耗したり故障したりする可能性がないため、普通のキーを携帯する方が良いでしょう。

まとめ

今回私は家の鍵を開く方法について紹介しました。

まず第一に、自分の個人的な状況を解決して見つけることが重要です。

家族や管理者と連絡を取ることができる人は、予備の鍵で開かなければなりません。

あなたが一人で暮らしているなら、スペアキーに頼ることができないかもしれません。

また、家に帰る時間帯は夕方になることが多く、深夜などの時間帯としてマネージャーに連絡が取れないことがあります。

そのような場合、鍵機関に依頼するとすぐに鍵を開くことができます。

鍵を失った場合は、セキュリティプレーンを考慮して鍵を交換することをお勧めします。

ただし、あなたが多世帯の居住地や賃貸物件に住んでいる場合は、マネージャーに報告した後に鍵を交換しましょう。

鍵の開けに限らず、鍵の問題があればロッカーに相談しましょう。

専門知識と経験で、あなたの問題を確実に解決します。

関連記事

ページの先頭へ